求む!主催者
ひらけ
SHAKO会

SHAKOBA Social Mic Hall

Client
株式会社リビタ
Category
商業施設
Location
東京都港区海岸1-10-45
WATERS takeshiba
シアター棟1階 アトレ竹芝内
Open
2020.08.07
Area
478㎡

About

アトレ竹芝に誕生した劇場型コミュニティスペースSHAKOBA。「令和の社交をリノベーションする」をテーマに、誰もが主催者になれる多種多様なレンタルスペースの集合体です。「マイクは人と人をつなぐソーシャルツールだ!」「ひとりでもSHAKO、みんなでもSHAKO」「日常の中にある特別な日常」「コミュニティーキャバレー」など、社交をSHAKO化するための議論を尽くし完成しました。私たちは企画立案から空間デザインをはじめとする各種デザインまで全面的に参画させていただきました。どう楽しむかは自分次第。令和のSHAKOBAをお楽しみください。

社交とは誰かが用意してくれるものなのか?社交会はデビューするものなのか?ひとりでは社交は成り立たないのか?令和のコミュニティのあり方を再考し、令和の社交=SHAKOを支える場をつくろう!それが、プロジェクトのはじまりでした。

令和のSHAKOのひとつの鍵として「SOCIAL MIC」という概念を設定しました。マイクはあらゆる場面で人と人をつなぐツールであり、人と人の関係を深めてくれる機能であると考え、日本伝統のコミュニケーションツールである「カラオケ」の新たな活用方法に取り組みました。

昼も夜も、老いも若きも、
オンもオフも、今も昔も
人が集い、溜まり、コミュニティーの
花が咲き乱れる
21世紀のキャバレー。
再構築された
SHAKOBA(社交場)の創造こそ
「日常の中の、特別な日常」
の舞台です。

令和の社交をリノベーションするという思いを表現するために設定された初期コンセプトが「SHAKOBA」。シンプルで力強いメッセージが込められたコンセプトワードが、そのまま施設名となりました。ソーシャルマイクという概念を表現し、SHAKOBAならではの独特の世界観を表現するため、ロゴには唇があしらわれています。

SHAKOBAの楽しみ方は千差万別十人十色。「使い方を決めつけすぎない」ということをプロジェクトメンバーの合言葉とし、誰もが自由な主催者になれるようなあり方を模索しました。

SHAKOBAプロジェクトは
夢の共有からはじまりました。
妄想から構想へ
企画から実現へ
夢と想いを絶やさず、
膨らまし続けることで
SHAKOBAは
実現することができました。

初期コンセプトスケッチ。プロジェクトメンバーの妄想を詰め込んだスケッチ。最終的にそう遠くない形で実現することができました。

空間設計

特別な日常に浸る
「心地よい違和感」
をテーマにした空間設計。

SHAKOBAの使い方
最低限の禁止事項と「できること」を
ファサードで明記することで
自由な主催を促します

空間演出

SHAKOの潤滑油として、
SHAKOBAの世界観を彩る演出づくり

TEAM

Client

  • リビタ
    プロデュース

    土山広志

  • リビタ
    ディレクション

    綾村恭平

Our Company

  • 企画
    コピーライティング

    倉富宗一郎

  • 企画
    プロジェクトマネジメント

    三輪和賀子

  • 企画
    環境デザイン

    志賀小巻

  • 企画

    坂根扶美

Partners

  • 支配人

    原匡仁a.k.a.ハムカツ太郎

  • アートディレクション
    tAnkers inc.

    前川正人

  • 照明デザイン
    Spangle

    村角千亜希

  • 設計・施工
    船場

    小倉茂之

  • 演出施工
    右田図工

    右田佳之

  • ウォールペイント
    BLOOM WORKS

    不殿晴子

  • WEB制作
    NOGAN inc.

    茂木隆宏

  • 写真
    ナカサ&パートナーズ

    中道淳

  • カラオケ機器
    エクシング

    皆さま

Our Company’s Work

コンセプト策定
基本構想
クリエイティブディレクション
プロジェクトマネジメント
基本デザイン
実施デザイン
アートディレクション(w/前川正人)
ネーミング・コピーライティング
環境デザイン
演出計画・実施
ウォールペインティング(w/不殿春子)
web企画・デザイン(w/茂木隆宏)